デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

自己流のお手入れをすることによって、デリケートゾーンがダメージを受けてしまい、黒ずみの原因となる色素沈着が起きやすくなってしまうことが、原因の一つとなっています。

デリケートゾーンの黒ずみの原因と改善について調べました。

ホルモンバランスが乱れていませんか

デリケートゾーンの黒ずみは、ホルモンバランスの乱れによっても怒ります。

ホルモンバランスは、不規則な生活や、ストレスなどによっても乱れてしまいます。

睡眠不足は、血行不良を招いて肌のターンオーバーの乱れの原因にもなります。

規則正しい生活習慣を心掛けたり、サプリメントでエストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えてあげましょう。

また、無理な食事制限をしてダイエットすると、代謝が悪くなったり肌に大切な栄養が不足してしまうので栄養バランスの取れた食事をしましょう。

低分子のコラーゲンは、皮膚や粘膜を丈夫にする効果があります。

気になるニオイもなく、コーヒーなどにサッと溶けて摂取しやすいのでおすすめです。

サイズが合っていない下着や化繊の下着が原因かも

サイズが合っていない下着を身に付けることによって、下着の締め付けにより摩擦が起きて、肌の黒ずみの原因となります。

それから、ナイロンやアクリルなどの化繊の下着は、摩擦が大きく痒みの原因にもなります。

セクシーな下着だとどうしても化繊素材のものが多いですが、小さいショーツは骨盤の歪みの原因にもなりますので、気を付ける必要があります。

Tバッグタイプのショーツよりも、ボクサータイプのショーツの方が、黒ずみを予防することができますよ。

普段はなるべく肌に優しいコットンやシルク製のショーツを穿くことをおすすめします。

また、細身のスキニージーンズもデリケートゾーンの黒ずみを招きやすいので、よくスキニーを穿いている人は気を付けましょう。

デリケートゾーンの洗い方に問題があるかも

体を洗う時に、摩擦が起こりやすいナイロン製のタオルを使ってデリケートゾーンを洗うと、色素沈着やただれを引き起こしてしまいます。

デリケートゾーンを洗う場合は、タオルは使わずに手で優しく洗うのが一番です。

どうしてもタオルを使いたい場合は、コットンやシルク製など肌に優しいタオルを使います。

それから、使用する石鹸は弱アルカリ性の石鹸がおすすめです。

弱アルカリ性のアミノ酸石鹸は、余分な皮脂汚れを洗い流してくれますよ。

しかし、痒みなどの症状が出ている場合は、弱酸性の石鹸の方が低刺激で使いやすいです。

美肌成分が配合されている、弱アルカリ性の洗顔石鹸を使用するのもおすすめです。

また、アンダーヘアをカットする場合に専用カッターを使用せずにカミソリなどでお手入れすると、毛先がデリケートゾーンを刺激して、黒ずみの原因になります。

デリケートゾーンの黒ずみは原因を知ることが大切

デリケートゾーンの黒ずみは、いくら高価な専用クリームを使っても原因を突き止めないと、繰り返し黒ずみが発生してしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみは、普段の生活をちょっと見直すだけで改善することができますよ。